ゼクシィ縁結びとツヴァイならどっちを選ぶべき?短期結婚に向いているのは

hands-1022212_1280

婚活サイトで人気急上昇中のゼクシィ縁結びとツヴァイならどっちが結婚パートナーを見つけやすい?!2社の特徴やサービス以上に見逃せない大事なポイントはどこにあるのかを解説します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ツヴァイもゼクシィ縁結びもマッチング率は高い

ツヴァイは大手婚活サイトとして知られていてイオングループの結婚相談所で東証2部上場企業です。会員数がすべてではないけど、大きな婚活サイトなら地方の小さな結婚相談所より出会いの数は期待できます。
ツヴァイはマッチングサイトの中で、北海道から沖縄まで全国に56店舗の相談所があることですね。会員数の少ない婚活サイトだと都会ならマッチングしやすいけど地方だとほぼ出会いがないなんてこともありますが、ツヴァイならより幅広く相手を見つけやすいと言えます。

メールのやり取りは1回程度ですぐに出会いやすいのも特徴なので、真剣な交際&数をこなしていきたい人に向いています。また、プラン選択で高い成婚率にしていくことも出来ます。

ゼクシィ縁結びは2014年にスタートしたばかりの婚活サイトで、若い女性に支持されていて知名度・人気もありかなり盛り上がっています。会員数はまだ少ないほうですが、1ヶ月以内に8割の人がマッチングした相手と出会えていてこれから更に期待できそうな婚活サイトです。

ツヴァイとゼクシィ縁結びの年齢層は違う

結婚相手を見つける条件に、女性の年齢を入れる婚活男性は多いかもしれませんね。
例えば、将来的に子供を作るとなると30代男性の場合は、自分と同年齢くらいか20代女性をマッチング条件にすることもあります。

婚活サイトによって男女会員の年齢層は若干違ってきます。男女の会員比較では、50:50でバランスの取れた婚活サイトです。ツヴァイの女性年齢層を見てみると、20代が12%で30代が46%、40歳が29%と30代女性がメイン層です。

ただ、もしあなたが20代女性中心に婚活しているならツヴァイだと20代女性と出会えないかも、と思うかもしれませんね。実際、ツヴァイは口コミでも年齢層が高かったという口コミも多いです。

ツヴァイのサービスプランで20代割という20代専用割引もあるので入会者は必ずしも年齢層が高いとも言えない部分もあります。以前よりも、少しずつ20代女性も増えてきていると思います。

データマッチング型とはいえ、全国に56店舗もあるので地方在住の20代女性も増えてくるかもしれません。

一方のゼクシィ縁結びは、20代前半から後半まで若い女性会員が多いと評判です。

実際の年齢比率では、30歳以下の女性は15%と決して多くはないと感じますがスタートしてから若い年齢層の入会が増えているんじゃないかと感じます。
31歳~35歳の女性が約31%、36歳~40歳までの女性が約34%なので30代女性がデータ上で多く、女性会員は20代~30代がメイン層です。

ツヴァイの場合は、40代も割と多めで再婚を考えた婚活男女もいるのが分かります。ゼクシィは若い年齢で初婚中心に活動している男女が多めですね。

コスパなら断然ゼクシィを選ぶべき

婚活はある程度長期戦も入れておくほうが、いざ活動して思うようにいかない時の為に婚活はある程度長期戦も入れておくほうがモチベーション維持になります。活動休止していても退会しない限り、毎月出費していくことになります。

交際費や移動日を抜いた婚活サイトだけの出費を見てみると、ゼクシィ縁結びの婚活費用は、31,104円(1年間)とかなり割安な料金です。

ツヴァイは5つのプランがあり、プランにより料金は違ってきます。上位プランになるほど、選任アドバイザーが付いてくるなどより結婚しやすい環境を作れます。

データマッチング中心のベーシックプランでは、初期費用79920円月会費14688円です。「絶対結婚したい」方向けにあるアクティブプランの場合だと、初期費用135000円で、月会費は14904円と価格面だけ考えれば、ゼクシィよりもかなり高額ですが、真剣な出会いを求める男女が集まっているとも言えます。
コスパだけを考えると断然ゼクシィ縁結びが圧倒的に安いことが分かります。ただ、コスパだけで入会しても必ずしも結婚相手を見つけられないのが現実です。あなたが相手に求めている条件によっては、コスパ重視だけではうまくいかない可能性も十分考えられます。

短期決戦でいくならツヴァイのほうがおすすめ

2016-07-17_031124

ツヴァイに限らず結婚相談所の料金は比較的高額なところが多いです、その中でもツヴァイは大手の中でそこそこ安い設定料金だと感じます。

ツヴァイのサポートは、説明係・サポート係・紹介専門と分業化されていてサポートが手厚いです。基本マッチング型なので人による相手の紹介はないですが、有料オプション(5000円)で可能です。この有料オプション価格も他の紹介所よりは低価格です。

結婚はしたいけど奥手で自分から誘えないタイプなら、選任アドバイザー付きの上位プランがおすすめです。あなたの条件に合った女性を選任アドバイザーのサポートで質を保ちつつ数をこなしながら、相手を見つけていくことができます。

高額料金だけあって、自分だけでなく数多く婚活男性を助けてきた選任アドバイザーも動いてくれます。半年以内に相手を見つけて結婚すると集中的に活動するならツヴァイの上位プランはおすすめです。

条件によって成婚率も変わる

ツヴァイの会員数は36320人でゼクシィ縁結びの会員数は約10000人なので、会員数だけで考えるとツヴァイのほうが条件マッチングした相手が多いのではと感じます。

希望する条件も専業主婦希望だったり、年収400万以上の女性希望だったり、年齢は20代限定だったりとひとりひとり違ってくるので、細かく言うと条件によって成婚率は違います。
成婚率はその年によって入会する男女の年齢層やマッチングに関係している場合もあるので平均どのくらい?と数字にするのが難しい部分もあったりします。
なので、成婚率は結婚相談所を選ぶときにはあくまで参考程度にしておくほうがいいかもしれません。
ツヴァイの口コミで、4ヶ月前後で成婚する割合が多く短期で結婚を決めたいと考えている人が多いそうです。それだけ精力的な行動力も必要になりますが、真剣な交際をする会員が多いと成婚率も高くなると感じます。
ツヴァイの場合、愛コンパスという相性分析情報がベースで条件検索しますが相性重視の検索なので年収や身長などのスペックで条件を絞れません。

ツヴァイは、相性がいい相手と実際に会って今後を決める感じですね。たとえば、年齢重視で20代前半女性が必須条件ならば、ツヴァイよりもゼクシィ縁結びのほうがマッチング率や出会いも多いと思います。

年齢や年収、外見他にもとにかく自分の希望条件に妥協したくない場合は、ツヴァイよりゼクシィのほうが自分の希望に合った女性が見つかりやすいと思います。
相性を重視や年齢や年収も多少妥協できる方なら、ツヴァイで集中的して活動してみるのもいいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする