人柄は関係ない?!経済面重視の女性の結婚観や希望年収について

money-18554_1280

年々晩婚化が進んでいることから独身生活を送る男女が増加していることによって生じる問題は様々存在しますが、女性側の求める結婚条件も一昔前と変化しているようです。

一般的に女性は家庭生活を送っていく上で結婚後将来的に「子育て」が控えていることを考慮すると経済面の安定を求めることは必然的でこの部分に関して以前と変わらないと言えます。

ただ、女性は平均的に経済面を重視する傾向があるかもしれませんがすべての女性に当てはまるわけでもなく年収はある程度で高年収を絶対条件にしていない女性も少なくありません。

高年収を望まない理由は多々あると思いますが、男性との価値観や充実した普段の家庭生活の中での幸せを重視したい女性も多くなってきているようです。

一昔前と違い、男性中心の収入に依存することなく女性も同様に収入を得るのが当たり前になってきていることで、妊娠⇒出産⇒子育てを終えてから仕事に復帰する女性は今の時代珍しいことではありません。

経済面を重視している女性というのは、30代後半それ以上に多いようです。収入にこだわる理由は好景気の時代に高級レストランでの食事や高級ブランド品の買い物など娯楽への出費の価値基準が高かったことも考えられます。

高収入はどの程度の年収かというと、おおよそ年収800万から1000万それ以上になるようです。このような年収額になると一般的なサラリーマンの年収以上になるので婚活市場で探してた場合には男性の人口も少数派です。

高収入だけを条件にしている女性も存在するかもしれませんが、当然ながら性格面も重視する、家庭生活の価値観の一致など他の条件も同様に重視する場合もあります。

また、女性側の人生経験で何かしら「経済面の価値観」が変わっていったことで男性には経済面の安定を強く求めるということもあるかもしれません。

晩婚化により高齢出産をする女性も増えていることから、30代後半に初婚から出産した場合には子育て後に職場復帰する女性は少ないことも考えられるので結婚後は専業主婦を希望する女性も多いようです。

30代に限らず社会人になってから自分の求めいてるライフスタイルを追求することも結婚条件のハードルを高めることになっていることも考えられるのでお互いの結婚に対しての考え方やどの部分(家計を誰が管理するか・夫婦の過ごし方)を重要視するかを知ることも大切です。

あらかじめ自分が家庭を持った場合に、家事・子育ては自分が日常的にどの程度することができるのか(時間配分・できる範囲)を想定しておくと相手女性との価値観の共有や結婚後の生活をよりリアルに想像できてパートナーを見つけやすくなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク