ネットで婚活は実際のところ難しい?成婚率より大事なポイント

person-731151_1280

ネット婚活を利用している男女は年々増えていますが、合コンと違ってリアルの場ではないので結婚相手を見つけるのは難しい・・・と感じている人も少なくないようです。

婚活サイトの成婚率は重要ですが、それ以前に知っておいてほしい絶対に外せないポイントがあります。これを知らないとよほどの幸運の持ち主じゃない限り苦戦する可能性大です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ネット婚活は合コンよりも結婚できる確率が高い

まずネット婚は広い意味で、ネットを利用して結婚相手を見つけることです。一昔前は出会い系というイメージがどちらかというと悪いサイトが主流でしたが、ネットの普及やfacebook・アプリを利用したコミュニティーサイトを使う人も当たり前のようにいます。

相手にメッセージを送りやすい環境が増えてきたことで、趣味仲間から友人探し、結婚相手を見つけることができるようになりました。ネットのメリットは、結婚相手を全国から探せるという広範囲なアプローチができるところです。

ただ、ネットで相手を見つけるといってもどうせロクな相手がいないという思い込みもあるかもしれません。最近は、大手有名企業もネット婚活サービスを開始していて成婚者も増えています。

楽天の婚活サービス「オーネット」は会員数が多く評判もいい婚活サービスですし、大手人材派遣会社のマイナビも社会人向けの婚活アプリとして「マイナビ婚活」をスタートしていて、結婚情報誌で有名なゼクシィは「ゼクシィ縁結び」をサービス開始しています。

ネット婚活で交際・結婚できた実績なら、「マッチドットコム」という婚活サイトは44%の人が交際1年目で結婚できていますし、ユープライドは2015年に1868名成婚退会していて、年間で2000組の成婚カップルが誕生していてネット婚の勢いが分かると思います。

どのくらいの人がネット婚で結婚しているのか気になる部分ですが、婚活実態調査2015では2015年に結婚した人の8.3%は婚活サービスで相手を見つけています。

婚活サービスを使うようになったきっかけの理由の中では、「一生独身の可能性に不安を感じるようになったとき」と「自然な出会いでは難しいと思ったとき」が割合として多く、最近は20代の早めの時期から始める人も増えています。

注目したいところは、結婚相談所や婚活サイト・婚活パーティーは、SNSコミュニティーに参加したり合コン参加よりも結婚できた割合が高いことです。

さらに、婚活サービスの併用率は59.3%と高く、併用経験ありで恋人ができた割合は32.4%で併用経験なしで恋人ができた割合は24.9%で、複数の婚活サービスを使うことで婚活の活動期間も短縮できるのが分かります。

ネット婚活で結婚相手を見つけるコツ

ネット婚活には、大別して2つのタイプがあります。結婚相手を探すというよりもまず恋愛から始めて後々結婚を考えるライト感覚のサービスと結婚相談所が運営している結婚前提の出会いを目的としたサービスです。

前者のライトな付き合いから始める場合のサービスは「恋活」と言われ、このサービスを使って結婚する人もいます。恋愛からじっくりと相手のことを知り十分納得した上で結婚したいと思っている人には適していると思います。

なるべく早く結婚したい人なら、結婚相談所が運営する婚活サービスを使うのが正攻法です。恋活と違い、結婚前提の真剣な男女が集まることや大手の婚活サイトなら会員数も多く結婚相手の条件にかなった女性も見つけやすいです。

婚活サイトは、大手から小規模な婚活サイトまでかなり多く存在します。身分証の提示があるサイトならサクラや業者の勧誘も避けられますし、無料で会員登録できて活動できるサイトは避けて有料サイトを選ぶほうが相手探しも安心できます。

ネット婚で結婚しました。私が婚活サービスを選んだ基準は、身分証の提示が必須で、男女ともに有料、会員数が比較的多いところを選びました。これらの条件を満たすサイトを4つ掛け持ちしていましたが、登録者が違うだけでどのサイトも同じような印象でした。不誠実な人もいると思いますが、誠実な活動をしていれば被害も最小限だと感じます。

どの婚活サイトでも言えることですが、各サイトのサービスの違いはあっても基本は男女の出会いを提供する場に過ぎません。どの程度自分が努力したかで、女性に出会える確率は高くも低くもなるのでそのうち自然に出会えるとは思わないことです。

合コンで出合った女性でも、ネット婚で出会った女性でも最初のきっかけはこちらからのアプローチで始まります。何もしないで出会えるわけもないので、メールでも話しかけでも自分の存在をいかに知らしめるかが大切なポイントです。

婚活サイトを利用して10歳年下の妻と出会うことが出来て、結婚式まで約1年で結婚することができました。
婚活サイトは6ヶ月コースを登録していましたが、始めて2ヶ月で結婚相手(現在の妻)に絞れました。始めた頃は、50人ほどにメールをしてプロフィールも気合を入れて真面目に書いてました。期間を決めて集中的に活動することが大切です。

ネット婚で出会うチャンスを作るなら、どの婚活サイトに登録しても精力的にメールをできるだけ多く送ることです。会員登録しただけで相手から申し込みが来るだろうと何もしないと時間ばかり浪費することになってしまいます。

自分の存在をアピールは出会いのきっかけを作る最初の第一歩です。少数の女性よりできるだけ多くの女性にアピールしていくスタンスが出会いのきっかけを作ります。自分から精力的に動くことこそが女性との接点を増やす第一歩です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする