彼女いない歴が5年の場合、結婚相手は見つけにくい?!

keyhole-1209014_1280

あなたは30代になって、彼女いない歴が5年以上になっている状態ですか?

30歳で独身の状態から、結婚を前提とした彼女をなるべく早く見つけるために必要なことは。

独身状態から彼女を作り結婚するための押えておきたいポイントをご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

彼女いない歴5年以上は婚活しても無駄なのか?

気づけば30歳になって彼女がいない状態は、案外焦りを意識するものですね。

20代で結婚して、子供もいる職場の同僚だったり友人はほとんどが結婚している方も少なくないかもしれません。今は独身でも近いうち結婚する相手を見つけることができる保障ってどこにもないですね。

今の時代、独身男女が増えたといっても30歳になって彼女がいない状態というのは世間では冷たい視線を浴びることも多々あるかもしれません。

今現在、あなたに彼女がいないとしても30歳になると少なからず将来結婚を考えるようになるかもしれませんが、結婚は縁という言葉もあるように結婚しようと思い立っても相手がいないことにはどうしようもないです。

魅力のある女性は、一般的に20代で大半は結婚しています。女性で30歳を過ぎると世間的に見て結婚に関してかなり厳しい年齢ということもあるので、結婚の焦りは男性以上と言えます。

男性の場合は、30歳で結婚相手を探し始めても、容姿や年収他の条件で結婚することも可能です。同世代より若い女性と結婚することも特別不可能なことでもないです

5年以上彼女がいなくても、恋愛経験が今まで全くない男性でも正直、結婚の大きな障害にはならないと感じてます。全くならないというわけでもないですが、恋愛相手を見つけるのと結婚相手を見つけるのは全く別物だからですね。

理由は、30歳を過ぎた男女で、恋愛目的だけの付き合いをするのは少数派だと思います。ある程度お互い結婚を意識していること、女性の場合は男性の過去の女性経験よりも男として頼れる存在なのかという部分を意識しているからです。

男として頼れる存在というのは、主に経済的な収入面が大きいかもしれません。経済力がそれなりにあって、後々出産しても女性を含め子供を養っていける男性を探すのは当然かもしれません。

なので、長期間彼女がいなかったり、恋愛経験が全くないことは結婚相手を見つける上で直接の障害にはならないです。なぜ長期間彼女が出来なかったのかもしくは恋愛経験が今までなかったのか?は、あなたの内面や行動で見直してみることもこれから結婚する上で重要です。

女性が離れてしまう可能性が高い男性の特徴

一般的に女性が魅力を感じない男性にはいくつか共通した特徴があるようです。

見た目から自信がなさそうで頼りがいがない感じ

挨拶もうつむきがちで覇気がない感じだと、弱弱しくて頼りない印象を女性に与えてしまいます。始めて出会う女性に覇気のない印象を与えてしまうと第一印象も台無しです。

自信がない、もしくは自信が持てない男性は挨拶だけでなく行動や発言もネガティブなことが多いです。女性には、「この人じゃ頼りないな・・・」と思われてしまい男として意識されない可能性が高いです。

ネガティブな発言は自分では意識していない場合が多く、仕事でストレスが貯まっている場合も考えられ、相手との会話をストレス発散にしてしまうなんてこともあり得ます。ジムに通ってストレスを発散するなど自分なりのストレス発散法を見つけましょう。

いつも受身で女性をリードしない

女性と恋愛経験が少ない、交際経験が全くない男性はいわゆるシャイな男性が多いですが、挨拶でも交際に発展したときでも受身にならないことです。自分から女性をリードしていくのが大切です。

女性から会話を始めることより、自分から会話をコントロールしたり手をつないだりボディタッチが自然にできることで女性に恋愛対象として意識してもらえるようになります。

女性は基本的にリードしてくれる男性を求めています。婚活デートで、ほぼ女性任せで食事場所すら女性に探してもらったり、自分から会話を積極的にしないことで「この人はない」と破局につながる可能性も高いです。

恋愛経験が全くない男性は、始めは緊張するかもしれせんが自分から女性と会話を積極的にしてみることです。「今日は天気がいいですね」と当たり障りのない会話をしていくうちに会話慣れを経験していきましょう。会話をリードする力も養われます。

自分本位で女性に気が利かない

一般的に、モテる男女というのは周囲に気が利くタイプが多く自分本位な勝手な行動を意識してしないようにしている人が多いです。モテる男性は、女性が何をしたら喜ぶのか知っています。

恋愛経験が少ないもしくは全くない男性は、女性が喜ぶことを全くできないことが多い可能性もあるので、会話の引き出しを増やすことです。自分の趣味の話から映画や芸能人の話ネタを増やすことで会話から、女性のことをもっと理解しやすくなります。

今までより女性のことを理解できる分、相手の興味の対象も分かってくるのでどんなことで喜んでくれるのかも分かります。

プライドが高くて相手を見下す

意識が高い男性の場合、人を上から目線で見下すようになってしまうこともあります。さらに、仕事で得た成果や収入、自分の所有物(高級スポーツカーだったりマンションだったり)を自慢する傾向があります。

男性に限らず、女性でも言えることですが、このタイプは婚活で苦戦する可能性が高いです。自分にふさわしい条件の相手を見つけるために妥協しないことが多いのが理由です。

プライドが高いのは決して悪いことではないですが、婚活でそのことが障害になって相手がなかなか見つからないという事態は避けたいですね。

わがままな条件は何歳まで大丈夫か

30歳を過ぎてからだんだんと年齢を重ねていくと、結婚相手の希望条件も妥協せざるを得ない状況になってくるのも事実です。時に、希望条件が20代前半女性ということで周囲から無謀な挑戦だと言われることもあるかもしれません。

500人の女性に対してアンケートを取った大手ネット調査の結果だと、25歳~39歳の未婚女性の88.9%が今すぐ結婚したいまたはできれば結婚したいという結婚願望があることが分かりました。

女性の場合は、20代女性も結婚に前向きなことが分かります。30歳を過ぎると結婚相手がいるだけマシと言われることもありますが、個人的には35歳までなら希望条件を妥協する必要はないのではと感じます。

恋愛経験が全くないことや彼女いない歴が長くても、結婚希望する女性が多ければその分価値観のあう女性の数も多いはずです。積極的に婚活していくことが結婚への第一歩だと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする